映画『3月のライオン』​特報 神木隆之介を主演に迎え、連載10年を迎える年に運命の実写映画化!

2016年11月2日 映画『3月のライオン』の特報が公開されました。 羽海野チカ原作の国民的人気コミック「3月のライオン」を、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』『君の名は。』の神木隆之介を主演に迎え、連載10年を迎える年に運命の実写映画化!

親子、兄弟姉妹、友達、師弟――人と人を結ぶ愛を求めて、 魂がぶつかり合う感動のエンタテインメント<2部作>が、いよいよ来春公開!

そして主人公・桐山零を演じる神木をはじめ、有村架純(幸田香子役)、 倉科カナ(川本あかり役)、清原果耶(川本ひなた役)、 佐々木蔵之介(島田開役)、加瀬亮(宗谷冬司役)、前田吟(川本相米二役)、伊藤英明(後藤正宗役)、 豊川悦司(幸田柾近役)と、豪華キャストが登場する特報映像。大友監督による実写映画の世界が、初お披露目となりました。

「若き天才と呼ばれる、17歳のプロ棋士・桐山零。しかし彼には、家も、家族も、居場所も--何もなかった」という衝撃的なナレーションが、いきなり心を鷲掴みに。

そして深い孤独と不安を抱えながら、人生の闘いに飛び込もうと
未来に向かって顔を上げる主人公・零の表情に、一瞬で『3月のライオン』の世界に引き込まれていきます。

主人公・零をはじめ「神がかった配役!」と原作ファンを熱くさせた本作。零へ複雑な思いを抱える義姉・香子、陽だまりのように明るい川本3姉妹、人生を賭けた闘いを繰り広げるプロ棋士の島田・後藤・宗谷、零を見守る義父の幸田、良き理解者の林田先生など、大友監督が紡ぐ その圧倒的な世界観と動くキャラクターたちに心が躍る事間違いなしです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る