ブラッド・ピット主演​最新作 『マリアンヌ』愛する女・マリアンヌの「秘​密」解禁。 愛しさと疑念に揺れ動く、緊迫の予告編映像

2016年10月7日 アカデミー賞に3度のノミネート経験を持つ演技派、ブラッド・ピットの主演最新作『マリアンヌ』が2017年2月に公開されます。その予告編が公開されました。

共演には『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』でアカデミー賞主演女優賞に輝いた実力派マリオン・コティヤール、監督を務めるのは『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『フライト』の名匠ロバート・ゼメキス。

戦時中のヨーロッパを舞台とした重厚な物語を描くに相応しい、アカデミー賞常連のキャスト・スタッフによる豪華な初顔合わせが世界的に注目を集めていて、早くも本年度の賞レースへの期待が高まっています。

映像は、極秘諜報員マックス(ブラッド・ピット)と、フランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)が共謀し、ドイツ大使を襲撃する緊迫の場面から始まります。

交わることのない人生を歩んでいた二人が、夫婦を装って敵の裏をかき、息詰まるミッションを完遂。その後、導かれるように急接近し、ロンドンで愛を育んでいくマックスとマリアンヌ。

やがて子供をもうけ、出逢った頃からは想像もつかない穏やかで幸せな生活は過ぎ去っていきます。しかしある日、突如マックスは呼び出され、マリアンヌの「ある秘密」を告げられます。

それは彼女が実はドイツ軍のスパイであり、<二重スパイ>の嫌疑をかけられていることでした。そして、もしその情報が事実であれば、マックス自らの手によってマリアンヌを始末するように、との非情な命令が下ります・・・。真実が判明するまで残された猶予は72時間。

愛した美しい女性、そして妻となり、優しい子供の母親となったマリアンヌは本当に自分には言えない裏切りを働いていたのか、愛しさと憎しみの中で苦悩するマックス。

果たして、愛した女・マリアンヌの愛は真実だったのでしょうか――?

二人の愛の行方もさることながら、緊迫の銃撃戦など迫力あるシーンの数々も見逃せない本作。時代に翻弄され、過酷な運命を前に究極の愛が試される『マリアンヌ』に注目です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る