野球漫画『グラゼニ』の原作者が語るプロ野球の裏側 みんなのプロ野球 ファンミーティング Vol.2 森高夕次 江尻慎太郎

2016年6月10日 2016プロ野球シーズンも熱戦が繰り広げられている中、プロ野球ファン待望のファン交流トークイベントを今シーズンも開催しました!

コメンテーターとして、ファイターズ・ベイスターズ・ホークスで活躍した江尻慎太郎さんが登場。さらに、千葉ロッテマリーンズの前コールリーダーで、サッカーやバスケットボールチームの応援歌などもプロデュースするスポーツ界の応援団長ジントシオさんがゲスト出演。

さらにさらに、あの人気野球漫画『グラゼニ』(講談社モーニング)の原作者、森高夕次さんまでもが緊急参戦しました!プロ野球という『社会』をリアルに表現している『グラゼニ』の森高さんが、プロ野球を引退し、現在は実社会で働く江尻さんと、そしてスタンドのファンをリードしてきたジントシオさんが、ここでしか聞けないトークを繰り広げました。

《トークパネラー》
・江尻慎太郎(野球解説者)
・森高夕次(野球漫画『グラゼニ』原作者)
・ジントシオ(前マリーンズ応援団)
・ケチャップ(プロ野球スタジアムDJ)

【江尻慎太郎氏プロフィール】
1977年4月30日生まれ 39歳 宮城県出身
早稲田大学から2001年自由獲得枠で北海道日本ハムファイターズに入団。2010年横浜ベイスターズに移籍。2013年福岡ソフトバンクホークスに移籍し、2014年シーズンをもって現役引退。プロ13年277試合に登板し28勝20敗1S。現役引退後は会社員ながら、野球解説者も務める。

【グラゼニ(講談社モーニング)】
成果主義であるプロ野球においての「カネ」をテーマとした作品で試合描写よりも金勘定の話がメインの人気漫画。プロ野球を題材とした漫画としては珍しく主人公が左の中継ぎ投手という比較的地味なポジションであり、その視点から描くことで超格差社会であるプロ野球のシビアな世界がより強調されている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る