超プレミアのフェラーリが奈良の村に出現!新感覚のカーラリーイベント「曽爾クラシック 」ラ・フェラーリ

2016年6月1日 奈良県・曽爾村で第1回 「TOYO TIRES スペシャルステージ曽爾クラシック」が5月22日に開催されました。このイベントには、最新のフェラーリやランボルギーニ、なかなかお目にかかれないクラシックカーなど、希少な38台が集結。村内に設定された4つのスペシャルステージで、速度の正確性を競うレースや、地元交流の一環として試乗会なども実施。試乗会には、村を代表して10名の方が参加し、日常では得られない体験に感動の様子でした。

人口1,500人ほどの曽爾村に、超レアな車両が続々と集結。爆音を轟かせ、坂を駆け上る車のなかには、日本に1台しかないと言われる「アルファロメオ 1900C SS Ghia Aigle」の姿。

会場には、さまざまな高級車がずらりと鎮座しましたが、なかでも注目だったのは大会会長・岡本芳邦さんの「ラ・フェラーリ」。フェラーリ社から選ばれたオーナーしか購入することができないプレミア中のプレミアです! その価格は数億円以上という噂ですが、金額ではなくフェラーリから認められなければ購入できない、というまさに「超プレミアの幻の1台」。世界に存在するたった499台のうちの1台が村に登場したのですから、その興奮も絶頂の様子でした。

「TOYO TIRES スペシャルステージ曽爾クラシック」とは、風光明媚な奈良県・曽爾村を舞台に、国内外のクラシックカーやスーパーカーなどを対象とした新感覚のカーラリーイベント。村内にはラリーやヒルクライムなどの競技要素を組み合わせたスペシャルステージを4コース設定し、それぞれ走行タイムと設定タイムとの誤差の合計で順位を決定。また、初開催となる今年は、貴重な車両が勢ぞろいしてパレードが行なわれたほか、地元の方の試乗会も実施。まさに、普段は静寂な村に“驚き”と“感動”が訪れました。

↓芸能動画ニュースは「フィールドキャスター」
http://fieldcaster.net/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る