こどもの日記念!ダメ親父の、必死のプレゼント大作戦とは!?映画​​『海よりもまだ深く』特別映像

2016年5月5日 第​69​回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門への正式出品​が​決定した、是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』が、5月21日(土)から全国公開されます。

​今日は「こどもの成長と幸福」を願う日とされる“こどもの日”。 “こどもの日”を記念して、ダメ親父の必死のプレゼント大作戦に、思わずクスリとしてしまう本編抜粋映像が公開されました。​

​15年前に文学賞を一度獲ったきりの売れない作家で、妻には愛想を尽かされ離婚。息子の養育費も満足に払えないくせに彼女に未練たっぷりという、笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の主人公・良多は、月一度の息子・真悟との面会が唯一の楽しみ。

野球を始めたばかりの真悟に、スパイクをプレゼントする為スポーツ用品店を訪れた二人ですが、真悟は黒いミズノのスパイクが気になるものの、遠慮して値段の安いスパイクを選ぼうとします。​

​それに気づいた良多は、「何お前遠慮してるんだよ・・・ミズノ買ってやるよ!」と豪語!しかし、そんなカッコいい父親の姿をみせたのも束の間、真悟にバレぬようこっそりとそのスパイクに傷をつけ、店員に値引き交渉を始めてしまうという、ダメ親父っぷりを披露します。​

​ダメなんだけど、子供を想う優しさが感じられる、その悪あがきに思わずクスリとしてしまう、ユーモア溢れるシーンとなっています!

【ストーリー】
​台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった“元家族”。夢見た未来と、少しちがう今を生きる大人たちへ贈る感動作。​​​笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。

そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真吾は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――

『海よりもまだ深く』
​■原案・監督・脚本・編集:是枝裕和 (『海街diary』『そして父になる』)  
■主題歌:ハナレグミ「深呼吸」(Victor Entertainment / SPEEDSTAR RECORDS)
■出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽 / 橋爪功 樹木希林
(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ   
配給:ギャガ
5​​月21日(土)​丸の内ピカデリー、​新宿ピカデリー他 全国ロードショー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る