えっ!市長の隣に美少女キャラ!全国初 バーチャルな都市と姉妹都市連携!鳥取県倉吉市「ひなビタ♪」日向美ビタースイーツ♪

2016年4月5日 鳥取県倉吉市が全国初の試みとして、インターネット上の架空都市の『倉野川市(くらのがわし)』と姉妹都市 提携したことを発表しました。『倉野川市』は、コナミデジタルエンタテインメントが運営するウェブ上の音楽コンテンツ「ひなビタ♪」の舞台。「ひなビタ♪」の女性キャラクターは、観光大使やタウンマネージャーに就任しました。

記者会見は市長と女性キャラクターたちのパネルが並ぶ、ちょっと変わった雰囲気となりました。

倉吉市の石田耕太郎市長は「倉野川市はウェブ上の仮想都市でありますので(会見は)一人でさせていただきます。ある意味『ノリ』のような世界。こういうポップカルチャー系の情報ツールを使って発信ができることは新しい倉吉のファンを作るうえで効果があるのでは、と思っています。」と意気込みを語っていました。

フィギュアメーカー大手のグッドスマイルカンパニーが倉吉市に国内初となるフィギュア工場を作ったことからポップカルチャーを観光の柱の一つにしようと倉吉市は取り組み始めたそうです。

「日向美ビタースイーツ♪」メンバーは「くらよし観光大使」に就任。女性キャラクター・久領堤 纏さんはタウンマネージャーとして活動するための『席』まで市役所の中に置かれていました。

今後、倉吉市内に「ひなビタ♪」のキャラクターのパネルや「ひなビタ♪」のストーリーがわかるギャラリーを設置されていくそうです。「ひなビタ♪」登場キャラクターのコスプレをしたコスプレイヤーが市内を回遊するイベントも予定されているそうですよ。

白壁土蔵群などのこれまでの観光資源を活用しながら、バーチャルな都市と姉妹提携するという珍しい試みは観光客の増加につながるのか、注目です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る