イケメンゴリラ「シャバーニ」を超繊細にシャーペン1本で描くとこうなる!

2016年2月24日 東山動植物園にいるイケメンゴリラ「シャバーニ」を超繊細にシャーペン1本で描く様子を収めた動画が公開されました。まるで今にも動き出しそうなリアルな仕上がりになっています。

「シャバーニ」を描いたのは、イラストレーターの徳田有希さん。1本1本の毛まで精緻に描かれていて、シャープペンの芯を丸々1本を使い、作画に20時間かかったそうです。

●イケメンゴリラ「シャバーニ」とは?
東山動植物園(愛知県名古屋市)にいるニシローランドゴリラ(19)で、「イケメンすぎる!」と国内・海外メディアで話題となっています。シャバーニを一目見ようと連日長蛇の列ができ、写真集やDVDまで発売されるほどの人気ぶりです。

●イラスト制作に使われた「オレンズ メタルグリップ」
オレンズは、超極細0.2mm、0.3mmという細さにも関わらず「不思議なほど芯が折れないシャープペンシル」。芯が減るのに合わせて先端パイプがスライドするオレンズシステムを搭載し、「芯を出さずに書く」というシャープペンシルの新しい使い方を可能にしたそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る