こんな斎藤工を初めて見た!主演映画「虎影」 西村喜廣 監督にフィールドキャスターがインタビュー DVD発売!

2016年1月8日 俳優の斎藤工さん主演で去年6月に公開された忍者映画「虎影」が今月6日にDVDとなり発売されました。フィールドキャスターは西村喜廣(よしひこ)監督に斎藤工さんの演技の魅力や映画作りについてインタビューしてきました。

斎藤さんの魅力は「映画に詳しいのが大きい。ものすごく映画に詳しい。映画の作品をよく知っている。映画の撮り方の演出をわかっているあの年代の人はいない。すごく珍しい。自分は指示を出さない。狙いをわかっているから。」

俳優の斎藤工さんは2012年にショートムービー「サクライロ」で監督デビュー。2014年に「半分ノ世界」がショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014 ミュージックShort部門 特別上映作品に選ばれました。去年はミュージックビデオも撮影しています。

スプラッター映画で血飛沫が舞う演出を数多く手がけてきた西村喜廣監督。

今作は「子供も見られる忍者モノにしてみようと。血は極力抑えた。スプラッター映画ばかりやってきた。怖いというイメージだけどスプラッターは笑う映画なんですよ。日本では血が出るから怖いと思っちゃっていて、僕の作品は血がブワーって出る面白さや、きれいだなという部分を表現している。」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る