市原隼人 ヴァンパイアに噛まれたらヤクザに!独自インタビュー!三池崇史監督 映画「極道大戦争」

2015年10月31日 俳優の市原隼人さんが主演を務め、今年6月に公開された映画「極道大戦争」。ヴァンパイアに噛まれたら、ヤクザになってしまうというオリジナル脚本の意欲作です。この映画のDVDが11月に発売されるということでフィールドキャスターが、市原隼人さんと三池崇史監督に取材に行ってきました。

三池崇史監督
「噛まれたらヤクザになるってヤバいですよね、って酒飲み話で話していて、そこに日活のプロデューサーが同席していた。その話を聞いてプロデューサーの目がキラッと光ったんです。なんだ、あの目の光り方は、って。」

「一番今の日本映画と違うのはヒットしそうだから作るとか、生まれが全く違う。面白そうだから作る。できあがる映画は当然、全く他の映画と違うものにできあがる宿命。」

市原隼人
「今回、自由にやらせていただいて。三池監督の人柄で中途半端なものは見せられないようなオーラがある。今作は挑戦的で実験的。今の映画業界にこういう作品はなかなかない。」

イマドキの邦画には珍しく、原作なしのオリジナル企画で製作されました。首を噛まれるとヤクザになってしまうという内容。

市原隼人さんが新米ヤクザ、リリ・フランキーさんが組長役、高島礼子さんが若頭役です。

〈ヤクザ映画+ヴァンパイア映画〉を掛け合わせた内容で登場人物のほぼ全員が、噛まれてしまってヤクザ化するという前人未到のエンターテインメント映画。

予告編で出てきた謎のキャラクター、カエルくんの正体は映画を見てのお楽しみです。映画「極道大戦争」のブルーレイとDVDは11月3日に発売です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る