懐かしすぎる!元・大事MANブラザーズバンド「それが大事 ~Animal rights~」立川俊之 動物愛護シンポジウム『ペットのいのちと人の健康』

2015年9月20日 神奈川・横浜市 元・大事MANブラザーズバンドの立川俊之さんが動物愛護のシンポジウムに登場。1991年に発売された大ヒット曲「それが大事」の歌詞をペットへの想いに置きかえた「それが大事 ~Animal rights~」を熱唱しました。

9月20日~26日までが動物愛護週間ということで動物愛護のシンポジウム「ペットのいのちと人の健康」に立川さんが出席した際に披露されました。

神奈川県 黒岩祐治 知事
「歌詞が変わって動物への思いを持っている人はジーンときたんじゃないでしょうかね。誰もが知っている曲ですからね。」

立川俊之
「しつこい曲ですね。(発売から)もう25年も経つんですけどね。いい加減、忘れていただきたいんですけど(笑)」

神奈川県 黒岩祐治 知事
「負けないこと、投げ出さないことってまさに動物愛護のことですよね。」

今後、この曲を神奈川から広く発信し、動物愛護を訴えたり神奈川県の動物保護センターの建替えに向けて寄附を募ったりしていくそうです。

1996年の大事MANブラザーズバンドの解散後、立川さんは楽曲の提供、音源制作、ラジオ番組出演など地道に音楽活動を続けているそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る