倉持由香 父親が掃除した実家の風呂でスク水グラビア! 3冊目写真集『ふなばしり』

2015年9月13日 東京・秋葉原 書泉ブックタワーでグラビアアイドルの倉持由香さんが、初めて実家のある千葉県船橋市でグラビア撮影した写真集『ふなばしり』(学研パブリッシング)の発売記念イベントを行いました。

Q.今回の写真集の内容は?
「3冊目は、『ふなばしり』というタイトルにもなっているんですが、千葉県船橋市の実家や、あとは、千葉県なので九十九里浜とかで撮影しました。実家のお風呂とか、実家が砂壁だったり、畳だったりで、だいぶ年季が入っていて、綺麗なお家ではないのが恥ずかしかったんですけれど、3冊目という記念なので思い切って実家を出しちゃいました。隣でお母さんが夕食作っているのに、私は、居間でお尻を出して何をやっているんだろうという気分にもなったりしたんですけれど・・・。」

Q.お気に入りの写真は?
「左側のページが、かなりキレイに撮れたのではないかと思っています。この尻感が、だいぶ良い品種の桃みたいな感じで、ここ数年で一番の尻なのではないかと思っています。」

Q.撮影をしていて、ご両親の反応はどうでしたか?
「お母さんはあんまり見たくないのか、夕食作っている台所からあまり出てきてくれなかったですね。お母さんにとっては、娘のそういうところを見るのは恥ずかしいと思います。でも、グラビアの活動は両親とも応援してくれているので、撮影の前日にお父さんがお風呂掃除してくれたりと協力的でした。」

Q.他のお気に入りの写真は?
「実家の前ですね。完全に、実家の前でお尻出してあぶないのと、もしかしたらグーグルアースで特定されるんじゃないかと思うぐらい実家の玄関とか写っているんですけれども、とってもお気に入りです。」

「実家近くのずっと遊んでいた公園なんですが、結構思い入れがある公園で、初めて告白して初めて振られた悲しい思い出が詰まっている公園です。」

Q.告白して振られた時は、ショートパンツで裏返しになる将来を予想していたんですか?
「尻職人になるなんて、中学生の時に思ってもいなかったですね。ショートパンツで鉄棒しているんですけれど、ショートパンツの隙間からほんの数センチ、数ミリ、縞パンが見えているんですけど。これがすごく気に入っていて。生パンなんですけれど、しかも、かなり良い綿です。綿の縞パンが隙間から見える青春的ラッキースケベみたいな感じが詰まっていると思います。肌面積が多い露出だけが全てではないというのが詰まった一冊になっていると思います。」

Q.縞パンって何色ですか?
「水色と白の縞ですね。やっぱり、これがベストだと思いますね!」

初の実家でのグラビア撮影ということで、両親からは「実家は汚いから見せたくない!」と反対されていたそうですが「今、紙媒体は不況でなかなか出せないんだから、ここで結果出さないといけないんだよ!」と言って両親を説得したと語っていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る