世界最大級の過酷なゴルフ大会!吊り橋でパター、断崖絶壁コースも!X-TREME GOLF CUP 2015

2015年8月28日 世界最大級の過酷なゴルフ大会「X-TREME GOLF CUP 2015」が開催され、大会の全貌が収録された映像が公開されました。全18ホール 6013ヤードを4日間で回るというこのゴルフ大会。食事と宿泊は無償提供されました。会場は茨城県「竜ヶ崎(りゅうがさき)飛行場」を第1ホールとし、青森県「尻屋埼灯台(しりやざきとうだい)」までの各所に設定された18ホール。

全長約2kmのロングホールや吊り橋でのパター、高低差10メートル以上の断崖絶壁コース、瓦礫のグリーンなど、想像を絶するコースが用意されました。

各ホール間は日産のエクストレイル ハイブリッドで車移動。自然との戦いもテーマに、原則的にOBやロストボールは認められない特殊なルール下で実施されたのです。

大会への参加希望者は、応募者総数は423名。ゴルフスコア、経歴、参加への熱意などから人選し、実際の挑戦者としてアマチュアゴルフ大会などで優勝経験を持つ3名のゴルファーが選ばれ、白熱の戦いが繰り広げられました。

大会結果は、田澤大河さん(19)が175打で18ホールを完走し、優勝。
優勝賞品として「エクストレイル ハイブリッド」などが贈呈されました。田澤さんは2位と31打差をつける103オーバーという結果でラウンドを終了しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る