鈴木拓 “炎上芸人” 「努力は必ず報われる、とか言うのは馬鹿!」初著書『クズころがし』発売記念イベント

2015年5月30日 東京・新宿 お笑いコンビ、ドランクドラゴンの鈴木拓さんが初著書「クズころがし」(主婦と生活社、1188円)の発売記念イベントを行いました。クズとか炎上芸人と言われていますが“クズころがし”という題名は?

「土地ころがしとかクズを色々仕事をしてきましたという事ですかね。クズを動かしてということですね。」
「サイン会をやりますと言って抽選券をやるといって3日目で(応募が)3人とかでした。無料なのに来ないのですよ。」

今日大丈夫ですか?
「酒飲んでないとやってられないですね。」

内容は?
「これは正直言うと僕はクズと言われることが多いのですけど、普段皆さんが言わない様なことを言ってしまう僕は。それで炎上したり何なりするのですよ。すぐ殺害予告ですよ。死ねとかお前殺すぞとか。言えない事をしっかり形にして世に残す形になりました。」

「わかりやすく言うとよくテレビでいるじゃないですか。努力は必ず報われるとか言う馬鹿が。お前テレビ出て努力報われた側だから良いけど。世の中には報われていない屍みたいな奴がもっといるのだぞと。」

「スポーツ選手にもいるじゃないですか、努力は必ず自分の身になるみたいな。ならない奴の方が五万人といる訳ですから。そういうのをはっきり言っています。努力すれば良い訳ではないよと。自分の時間を決めて適材適所で自分の才能が発揮できる事をやりなさい。才能の無い者は努力しても意味がないぞ、とはっきり言っています。だから嫌われるのですね。これを読んで実践してくれればそうだなと思ってもらえますし。社会人なりたてとか、今から頑張ろうっていう奴が読んだところで何も身にならない。ある程度色々やって挫折した人がそうだよなと答えあわせになる。」

「明らかに敗者の方が世の中多いので自分の夢叶えて好きな事やっている人は一握りですから。僕も昔ダウンタウンさんみたいになりたかったですから。それが(サイン会に)25人呼ぶのがやっとですから。」

話題を呼んでベストセラーになるかも?
「まず駄目な方の話題は手に入れましたね。(サイン会に人が)来ないのだという。売れてくれればいいですが。」

これ以上、下はないですよね?
「そうですね。なんていう言い方するんだ。底辺と思ってないわ。上がっていくしかないですからね。ツイッターで炎上する方法と似ているのかもしれませんね。駄目な方で注目されて。」

コンビでお笑いやっていくのですよね?
「“もうお前とはコントしとうない”と言われていますけどね。(相方の塚地武雅さんが)NHKでLIFEというコント番組やっているのですがそれが楽しいと俺に言ってきます。来年で20周年なのですが来年20周年で単独ライブとかするのと聞いたら“やらへんよ”と。多分やらないのでしょうね。」

「この本の中に書いてあるのが、自分と意見が対立する人がいるとするじゃないですか会社で。その人と仲良くなれば一番対立する人と仲良くなるとあとの周りの人全員自分の味方につくのですよ。今までの経験上。そういう人と仲良くする為の方法を書いてあります。一番苦手な人と。それを取り込むための要は媚売り本です。」

そうやって生きてきた?
「そうです。相方の靴を舐めながらきました。」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る