AKB48 「恋するフォーチュンクッキー」作曲者・伊藤心太郎さんの意外な素顔 JASRAC賞 贈呈式で金賞受賞 横山由依 柏木由紀 小嶋真子

2015年5月20日 東京・渋谷のけやきホールで「JASRAC賞 贈呈式」が行われました。金賞をAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」の作曲者・伊藤心太朗さんが受賞し、AKB48メンバーの柏木由紀さん、横山由依さん、小嶋真子さんの3人が、受賞のお祝いの花束贈呈に駆けつけました。

伊藤「YouTubeを見ると日本全国の方々が素晴らしい笑顔で踊っている姿を見ると、僕も元気をもらいますし、踊りの輪が世界に広がっていくのを見ると嬉しく思っています。こんな、表のところに立てない男なんですけれども、このような華やかな場所に呼んでいただき、キラキラした賞を与えてくれたJASRACの関係者の皆様に心から御礼を申し上げます。」と朴訥とした話し方で受賞の喜びを述べました。

伊藤さん、「恋するフォーチュンクッキー」のメンバーの振り付けの中で、どこがイチオシでしょうか?

伊藤「それは絶対おにぎりのところでしょう。あれは、印象的ですよね。」

柏木「パパイヤ鈴木さんが、この振り付けをして下さったんですよ。パパイヤさんは、これ、リンゴを磨くようにって教えてくださったんですよ。でも、さっしー(指原莉乃さん)が勝手におにぎりって言い始めて結構浸透したっていうのは、この曲の一つのポイントになったと思うので、そこは素直に感謝を伝えたいなと思います。」

指原さんにどんな風に感謝を伝えたいと思います?

柏木「さっしーが勝手におにぎりって言ったおかげもあって、今日は、金賞が取れたよって。もちろん伊藤先生のおかげもありますし。」

伊藤「僕もまだお会いしてないんですけど、指原さんと、ぜひお会いしたいなと、宜しくお伝えください。」

横山「コンサートでもフォーチュンクッキーの時はみんなが客席が一体になって踊ってくれたりするので、ファンの方とも、企業だったりとか、その地域の方との一体感も生まれて、この曲はみんなで楽しめる曲っていう感じで、私達も大好きな曲なので、すごく嬉しいです。本当に有難うございました。」

AKB48のキラキラした表舞台を支えているのは、作曲者・伊藤心太郎さんのような『音楽職人』でした。

今後も、みんなが一緒に楽しめるような曲を作曲者の伊藤さんには期待したいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る