藤岡弘、「遺伝子が騒いで戦闘モードだね」 松岡修造に負けない熱い男! 映画『ドラキュラZERO』ブルーレイ&DVDリリース記念イベントに出席

2015年4月7日 東京・汐留 俳優の藤岡弘、さんが映画『ドラキュラZERO』ブルーレイ&DVDリリース記念イベントに出席しました。「藤岡弘、です。今日初めて西洋鎧を着させていただきました。」

感想はどうでしょうか?

「重い!」

「これで剣を持って、というとこれは大変なまさしく新装束の戦闘モードだね。」
「この鎧に身を包むとDNA遺伝子が騒いで血が騒ぐというか身がしまって一本芯がビッと通るね。」

ある美女が最もドラキュラになってほしいのが藤岡さんだった。ハーフの美女ですが心当たりは?

「誰ですか。楽しみだな。」

ドラキュラZEROの劇場公開時のプロモーションをして下さったローラさんなんですよ。ローラさんが藤岡さんにドラキュラになってほしいという事で。

「彼女はやっぱり女性らしい。女性なんだね。誰かに身を守ってもらいたい強い男というかなそういう風な女性の誰しも持っているような、そういう思いで選んだんじゃないかな。」

「嬉しいですね。女の子はそれくらいが初々しさがあっていいですね。男性に頼りたいという気持ちがあっていいですよね。そのために男が命をかけるという気持ちにもなる。」

気持ち的に男も鎧をまとっていないといけないですよね?

「男は絶えずそういう意味では備えを持つというかな、何が起きてもそれに備える。準備しておくのが男のたしなみであろうと私は思いますね。」

「この世には男と女がいないと未来につながっていかないのでやっぱりとにかく男よ。少子化頑張れ。やっぱり日本の未来がかかっているぞ。そして愛する家族を守る気概を持て。男たるものは責任を背負い、使命を背負い、愛するもののために力を、そして命をつなげよう、そう叫びくなりますね。」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る