東京ランウェイ セクシー下着ショー 「実際ちょっと恥ずかしい」石田ニコル 浦浜アリサ

2014年9月7日 幕張メッセ ガールズファッションショー「東京ランウェイ 2014A/W」が開催されました。約30のブランドが参加、有名モデルが登場すると客席から歓声が上がっていました。ワコールのスペシャルステージには、人気モデルの石田ニコルさんや浦浜アリサさんがセクシーなランジェリー姿で登場。

石田ニコルさんは・・・
「この下着は私がプロデュースさせていただいたものなんですけど、いつもとはちょっと違う下着を作りたいということでブラウンを入れてみたり女の子が大好きなお菓子をイメージしてカラフルな感じで作りました。お菓子の国から来た、じゃないですけど、そんな感じでフリフリでピンクをベースにカラフルに。(ブラウンのイメージは)チョコレート。ダークチョコです。一つウォーキングするのも大事にすごく楽しんでみなさまにファッションの楽しさとか、参考にしてもらえればなと思います。お客さんとの距離が近かったのでそこはすごくうれしかったです。」

浦浜アリサさんは・・・
「私がつけているブラは蜷川実花さんがプロデュースしたものなんですけど下着なんですけど水着感覚で、ちょっと透け素材と合わせて着ても、すごくオシャレなコーディネートができる。イヤミに聞こえたらすごくアレなんですけど、胸が大きいのがコンプレックスだったんですよ、同じ悩みを持っている方はたくさんいると思うんですけど、このフィット感はいままでつけたブラの中で一番あったのでみなさんにつけていただいて共感していただければと思います。つけ心地はとにかく最高です。ステージで歩いているときはモデルとしてその女性像を演じているので、やっぱり手を振られてもお客さんに笑われても反応ができないんですけど、なりきっているので。その分、みなさんからパワーはもらっているので毎回エナジーチャージの場として楽しませてもらっています。実はランジェリーで撮影をしたのもショーを歩くのも初めてだったんですけど実際ちょっと恥ずかしいですよ。でも慣れました。ステージに出るとアドレナリンが出るので。楽しませていただいています。」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る