元シンクロ代表がミス日本候補に!さすが動きがビシッッッ!審査委員も驚嘆 東日本地区代表 芳賀千里

2014年8月25日 東京・京王プラザホテル ミス日本コンテスト東日本地区大会が開催されました。そこには意外な出場者がいました。東京出身・日本女子体育大学4年の芳賀千里さん、21歳です。芳賀千里さんは実は元シンクロナイズドスイミング日本代表。

「私は今春怪我で引退するまでシンクロナイズドスイミングの日本代表として活動してきました。今回怪我を乗り越え、新しい自分を見出すために参加させていただきました。」

「3歳より水泳を始めシンクロを始めたのは小学校3年生からになります。高校生の時からジュニアの代表に選ばれたりなど多くの国際大会を経て日本人としての誇りや日本代表としての自覚をもって行動するようにしてきました。今までの私はシンクロだけ、シンクロ一筋、文武両道を求めがんばってきたのですが今回は新しい自分を見出すために精一杯がんばって参りたいと思います。」

審査員からこれまでに一番輝いていた時を問われると?

「私は昨年ありました大学生のオリンピックであるユニバーシアードのチーム競技とコンビネーション競技で銀メダルをいただいた時です。今までシンクロはメダルを取るのが難しく私も初めての日本代表・Aチームだったので本当にとても苦しい練習を乗り越えた、金はとれなかったですが銀だったのですが、とてもうれしかったのを覚えています。その時が一番輝いていたと思います。」

水着審査では『ビシッッッ!』という音が聞こえるような力強いシンクロの決めポーズを披露!審査員は思わず「日本代表は雰囲気が違いますね。」と驚いていました。

2015年1月に開催予定の第47回ミス日本コンテスト2015を控え、24名が地区代表の座をかけて審査に挑みました。今回のコンテストのテーマは『行動する新日本美人』です。激戦の東日本地区大会を芳賀さんは見事通過!シンクロで鍛え、引き締まった体と日本代表に選ばれるほどの練習を行う強い精神力でミス日本を狙います。東日本地区からは8名が来年のミス日本コンテストに挑みます。

芳賀さんの他に東日本地区代表に選ばれたのは、神奈川出身・白百合女子大学1年の柴田美奈さん(18)、神奈川出身・会社員の平井絢野さん(24)、東京出身・東京女子医科大学3年の須田里佳さん(20)、静岡出身・東京農業大学3年の佐野加奈さん(20)、新潟出身・昭和女子大学4年の川瀬奈菜香さん(21)、東京出身・タレントの青木佑美香さん(24)、新潟出身・早稲田大学3年の宮嵜眞衣さん(20)です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る