極小の世界観を堪能!ナノブロック 200ピースで何ができるか知恵比べ!注目の受賞作品は? nanoblock AWARD 2013-14

2014年5月9日 世界最小級ブロックのnanoblock(ナノブロック)の展示会『nanoblock (ナノブロック) AWARD 2013-14エキシビション』が東京ソラマチで開催されました。

ナノブロックの大きさは1つのポッチが僅か4mmというミニサイズで、従来のダイヤブロックの半分の大きさです。(最小部品は4×4×5mmの極小サイズ!)

一般から応募された作品を90点ほど展示しています。200ピース以下という制限で作る「Under200pcs部門」でグランプリを受賞したのは、「にしやん」さんの『天体望遠鏡』の作品。子供から大人まで楽しめる完成度の高さが評価されました。

フィールドキャスターが注目した作品は「yasumasa」さんが制作した『セットの餃子』。焼き目の色も表現されていて、ブロックなのにおいしそう!!王将のセットの餃子なのか、天下一品のセットの餃子なのかはわかりませんが、餃子の柔らかさ、さえ感じる表現力に脱帽です。

『カーリング』の作品ではストーンの持ち手の色もきちんと分けているこだわり。

『スクイズ』の作品では、バッターの左ひざが曲がりスクイズのポーズを正確に表現するなど緊張の一瞬が切り取られています。

ただ小さくて細かいだけではなく芸術性を感じることに驚かされる展示会。
ぜひ足を運び、生で見てみてはいかがでしょうか?

『nanoblock AWARD 2013-14 エキシビション』
日時:2014年5月9日(金)~5月11日(日)
時間:10:00~20:00
会場:東京ソラマチイーストヤード 5F スペース634

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る