ミス日本コンテスト2014 激しすぎるダンスでミス海の日を受賞 司会者もビックリ! 花岡麻里名

2014年1月27日 東京・新宿区 第46回ミス日本コンテスト2014が開催されました。今回のコンセプトは「行動するこころ美人」。将来にリーダーとなりえる若く美しい女性を選び育て輩出する目的で行われています。着物審査、ドレス審査の後の水着審査では、それぞれが自らの得意分野を生かして激しすぎるアピールを披露!

5番の花岡麻里名さんは力強い登場から会場を驚かせ、コンテンポラリーダンスの経験を生かした華やかな踊りを水着で披露。ミス海の日に輝きました。

「私は最年長(24歳)だったので仲間たち(他の候補者)が大好きでかわいくて、みなさんが表彰されている姿を見て母親のような気持ちでおめでとうと思っていたんですけど、まさか自分の名前を呼んでいただけると思わなくて光栄で嬉しい一日でございました。」

「私は踊りを強みにしていこうと思いまして大学は神戸女学院の舞踊専攻でコンテンポラリーダンスを4年間学んでおりました。そこでは毎日7時間踊ったりする日々だったんですけど踊りを通して人々と触れ合えるということを知り大学院に進みました。高齢者のために活動させていただこうと思い、研究として高齢者の心と体の健康促進ということでダンスを通して歌ったり踊ったりして”閉じこもり防止”ということを目指しながらやっています。」

「泳ぐことが大好きだったのでミス海の日に任命させていただけたことは、本当に光栄であってこれからどんどん海や海の日のPR活動に励ましていただきたいと思います。」

候補者は①上原朋子さん(22)神奈川県出身の医大生、②太郎良綾さん(22)大分出身の看護大生、③長野愛梨さん(20)兵庫出身の会社勤務、④沼田萌花さん(21)大分出身の大学生、⑤花岡麻里名さん(24)兵庫出身の大学院生、⑥近藤祐加さん(21)大分出身の短大生、⑦神田れいみさん(20)埼玉出身の大学生、⑧坂口莉果子(17)東京出身の高校生、⑨尾崎優子さん(19)長崎出身の短大生、⑩臼田美咲さん(22)東京出身の大学生、⑪長谷川舞衣さん(20)東京出身の大学生、⑫本田華奈子さん(20)山梨出身の大学生、⑬山谷萌子さん(19)栃木出身の大学生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る