ミス日本コンテスト2014 滝クリのあのポーズでグランプリ 候補者が水着で激しすぎるアピール

2014年1月27日 東京・新宿区 第46回ミス日本コンテスト2014が開催されました。今回のコンセプトは「行動するこころ美人」。将来にリーダーとなりえる若く美しい女性を選び育て輩出する目的で行われています。着物審査、ドレス審査の後の水着審査では、それぞれが自らの得意分野を生かして激しすぎるアピールを披露!

4番の沼田萌花さんはクラシックバレエの経験を活かし優雅な舞い。5番の花岡麻里名さんは力強い登場から会場を驚かせ、コンテンポラリーダンスの華やかな踊り、7番の神田れいみさんは日本舞踊名取ということでおしとやかな姿を見せます。8番の坂口莉果子さんは会場を指さし、高校生らしく元気いっぱいにアピール。9番の尾崎優子さんもダンスの経験を活かしてキレのある動きを見せて、11番の長谷川舞衣さんは中学高校とソフトボールに打ち込んできて4番を任されていたことから、まさかの水着でのバッティングポーズを披露しました。

今回のグランプリに輝いたのは、4番の沼田萌花さん。自己アピールでは「私は帰省した際に(働く)両親に毎日お弁当を作っています。それは、ま・ご・こ・ろお弁当です。」とオリンピック招致の際の滝川クリステルさんを真似たポーズでアピール!
「早起きは大変ですが日頃の感謝の思いをお弁当で伝えたいと続けており今年で4年目になります。私の中でのまごころ弁当とは両親の健康を考えた塩分控えめでお野菜中心のお弁当作りです。」

グランプリに選ばれた後、記者たちからの囲み取材で笑顔を見せました。
「とてもうれしいです。名前呼ばれないのかなとドキドキしたんですけど名前を呼ばれた時は本当にうれしくて涙が出そうになりました。」

注目の滝クリポーズについては・・・
「まごころ弁当を作っていまして、そこでま・ご・こ・ろとしたんですけどみなさん誰も笑ってくださらなかったので、スベッちゃった!と思って心配だったんですけどグランプリをいただけて本当にうれしいです。得意料理はハンバーグ、最近作ったのはアクアパッツァ、イタリアの魚の蒸し料理です。和食だと肉じゃがが自分では好きです。」

好きな芸能人を聞かれると・・・
「谷原章介さん。すごく品があってジェントルマンで凛としている姿が素敵だなと思います。」

ミス日本コンテスト2014グランプリの沼田萌花さんのプロフィール。
1992年5月13日生まれ 21歳で大分出身。聖心女子大学 文学部哲学科3年。
趣味は写経。特技は書道(日本書写技能検定毛筆2級)、クラシックバレエ。
座右の銘は「陰徳あれば陽報あり」

候補者は①上原朋子さん(22)神奈川県出身の医大生、②太郎良綾さん(22)大分出身の看護大生、③長野愛梨さん(20)兵庫出身の会社勤務、④沼田萌花さん(21)大分出身の大学生、⑤花岡麻里名さん(24)兵庫出身の大学院生、⑥近藤祐加さん(21)大分出身の短大生、⑦神田れいみさん(20)埼玉出身の大学生、⑧坂口莉果子(17)東京出身の高校生、⑨尾崎優子さん(19)長崎出身の短大生、⑩臼田美咲さん(22)東京出身の大学生、⑪長谷川舞衣さん(20)東京出身の大学生、⑫本田華奈子さん(20)山梨出身の大学生、⑬山谷萌子さん(19)栃木出身の大学生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る