【柳楽優弥】が青年期の“葛飾北斎”に!波乱万丈な<画狂人生>を初映画化!『HOKUSAI』 特別映像

米LIFE誌“この1000年で偉大な業績を残した100人”にも唯一の日本人として選ばれた葛飾北斎の知られざる生涯を初めて描く映画 「HOKUSAI」が、<葛飾北斎生誕260周年>となる2020年初夏に全国ロードショー。
このたび、柳楽優弥が演じる青年期の北斎が筆を構える姿を捉えた超ティザービジュアルが初お披露目!
さらに、北斎の“ここがスゴイ!”を1分に凝縮&柳楽と田中泯が演じるW北斎の姿が初めて収録された特別映像を世界同時解禁!

今回解禁された超ティザービジュアルでは、葛飾北斎の代表作として知られ、海外では“THE GREAT WAVE”の呼称で愛される代表作「冨嶽三十六景」の一図、「神奈川沖浪裏」が描かれた襖と、その間から絵と重なる位置に覗く富士山を背景に筆を構える、質素な着流し姿で情熱に満ちた鋭いまなざしが印象的な、柳楽演じる青年期の北斎の姿を捉えている。

<ストーリー> 
渾身のクライマックス!
北斎が、最後の「波」に託した思いとは—? 
町人文化華やぐ、江戸の町。
その片隅で、日の目を見ない、ひとりの貧乏絵師がいた。
勝川春朗—のちの葛飾北斎である。
傍若無人なふるまいが災いし、師匠からは破門。
食うことすらも、ままならぬ日々を送っていた。
そんな北斎に、ある日、人生を変える転機が訪れる。
歌麿、写楽を世に出した希代の版元プロデューサー ・蔦屋重三郎が、北斎の秘めた才能を見出したのだ。
重三郎の後押しによって、「絵の本質」に気づいた北斎は、その才能を開花。
誰にも真似できない革新的な絵を次々と打ち出し、一躍、人気絵師となる。
その奇想天外な世界観は、瞬く間に江戸を席巻。
さらに町人文化を押し上げたが、それが次第に幕府の反感を招くことに…。
絵は、世を変えられるのか? 

配給:S・D・P 
©2020 HOKUSAI MOVIE

オリンピックイヤーの2020年、世界中で“HOKUSAIムーブメント”なるか?!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る