韓国、国家破産まで7日間!? 実話を基にした衝撃の問題作! 映画『国家が破産する日』本編+インタビュー映像


1997年に多くの自殺者まで出した韓国の通貨危機の裏側を赤裸々に暴き、政府を痛烈に批判する衝撃の問題作『国家が破産する日』が11月8日(金)より公開。 

このたび韓国映画初出演となるヴァンサン・カッセル演じるIMF専務理事が韓国政府の決断を迫る本編映像が解禁。 
また、キム・ヘスやヴァンサン・カッセルなどキャスト陣のインタビューを収めた映像も公開。
1997年当時の韓国を再現した製作の裏側を紐解き、本作が製作された意味をキャストやスタッフの証言を交え、観る者に訴えかけるメッセージ性の強い映像です。

<ストーリー>
韓国国民の誰もが経済の好景気を確信していた1997年。
韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョンは通貨危機を予測するが、政府が非公開の対策チームを招集したときには、国家破産までわずか7日間となっていた。
シヒョンは対策チームで国民に知らせるべきと主張するが、「国民に知らせるべきではない」と主張する財務次官と対立。
同じ頃、通貨危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユン・ジョンハクは、一世一代の大勝負に出る。
一方、経済情勢に疎い町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を手形決済という条件で受けてしまう。
危機を防ごうとする者、危機に賭ける者、家族と会社のために生き残ろうとする者―。
この国は、滅びるのか……!? 果たして国民の運命は―!?

配給:ツイン 
©2018 ZIP CINEMA, CJ ENM CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る