【R15】橋本環奈主演!戦慄のデスゲーム、始まる。 教師に“自殺催眠”をかけられた生徒たちが次々と…映画『シグナル100』予告

担任教師VS生徒36人…ようこそ、最狂最悪の自殺(デス)ゲームへ

原作コミックの壮絶な描写に、連載当時から実写映画化不可能といわれた超問題作を映画化する 『シグナル100』が、2020年1月24日(金)より公開。

ある日、担任教師により自殺催眠をかけられた36人の生徒たちが学校内で繰り広げる、生き残りを賭けた狂気と絶望のデスゲーム。
この度、次々と生徒が自殺する戦慄のシーンを収めた予告編映像を解禁!
さらに次世代の注目アーティスト、yukaDD(;´∀`)のメジャーデビュー曲「Carry On」が主題歌に決定!

今回解禁となった予告編で、冒頭で映し出されるのは、樫村(橋本環奈)や榊(小関 裕太)らクラスメイトたちの日常を切り取った、まるで青春映画のようなキラキラに溢れた学園生活。

しかしある日突然、担任教師である下部(中村獅童)が始めたゲームのせいで事態は一変。
生徒たちは特定の行動を取ると自ら命を絶ってしまうという恐怖の“自殺催眠”をかけられる。

「スマホを使う」「泣く」「あくびをする」といった何気ない日常の行動に潜む、発動の合図(シグナル)は全部で100。
窓から飛び降りる者、花瓶を自分の頭に打ち付ける者、自らの首を切りつける者、止まらない自殺の連鎖に生徒達の悲鳴が教室中に響き渡る…。
異様な光景に呆然とする樫村、絶叫する榊、女子生徒とキスを交わす余裕を見せる和田(瀬戸利樹)など、常に死と隣り合わせの絶望的な状況に置かれた生徒たちの本性が次々に暴かれていく…! 

このゲームで生き残る方法は、クラスメイトの死のみ。
裏切り者は誰なのか、生き残るのは誰なのか…?

配給:東映
(C) 2020「シグナル100」製作委員会

担任教師、生徒全員に“自殺催眠”をどうやってかけたのか…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る