マイペースな犬・ベイリーvs犬の苦手?な母・グロリア『僕のワンダフル・ジャーニー』

もしも、かつて愛した犬や猫たちが、自分にもう一度会うために、生まれ変わってきてくれたなら。
自分の命を救ってくれた少年イーサンに再び会いたい一心で、何度も生まれ変わる犬のベイリーの一途な想いと、運命の再会を果たした愛犬と飼い主が紡ぐ極上のラブストーリーが大きな感動を呼びスマッシュヒットを飛ばした『僕のワンダフル・ライフ』から2年。
待望の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』が、9月13日(金)に全国公開します。

今回到着したのは、前作で再会を果たした犬のベイリーと飼い主のイーサンが、妻のハンナ、そして可愛い可愛い孫娘CJと一緒にプールで水遊びしている場面。
イーサンの無邪気さは歳を重ねても健在で、大事な家族も増えて見るからに幸せそうな時間が流れていたところに、CJの母・グロリアが帰ってくると「汚い犬と水浴び!?」と空気が一変。
家族とうまくいっていないグロリアの強硬な態度にベイリーは
「一緒に水遊びしたいのかも!?」と無邪気にお尻に突進…!
プールへ突き飛ばされたグロリアと他の皆との間にますます不穏な影を落としてしまいそうな雰囲気にもどこ吹く風のベイリーですが、この先果たして家族の絆を無事に取り戻すことはできるのでしょうか・・・?

家族と心の距離が空いてしまう母・グロリアを演じているのは、TVシリーズ「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」でエミー賞へのノミネート経験を持つ女優ベティ・ギルピン。
自分自身はグロリアほど未熟な母親ではないと断言するベティは、実際には犬も大好きで「グロリアは犬嫌いなの。私にとって、人としての一番の危険信号ね。私は犬が大好きだから、『カット!』の声がかかった瞬間、犬に駆け寄って、怒鳴りつけたことを謝ったわ」と撮影秘話を明かしています。
このグロリアという役こそ、ゲイル・マンキューソ監督が「グロリアには好ましいとはいえない要素が多々あったから、観客に嫌われるのではないかと心配だった」と振り返るほどキャラクター描写について悩んだ難役ながら、しっかり観客へと届く人物として見事に演じきったベティについて「グロリアという女性を、もろさを持った人間として演じてくれた。
困難な環境の中で強い親になろうともがいている彼女の複雑さを表現して、見事に演じきってくれたわ」と称賛を惜しみません。
母として思い悩むグロリアにも、きっとCJの成長とベイリーの奔走が未来の希望となってくれるはず。

©️2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る