織田信成が高速サーブを受けてこの表情!「東京2020大会協賛くじ」

「東京2020大会協賛くじ」発売記念イベントが開かれプロフィギュアスケーターの織田信成さん、元バレーボール日本代表木村沙織さんが登場しました。

イベントではパラリンピックの正式種目「シッティングバレーボール」女子日本代表チームの斉藤洋子さんと小方心緒吏さんも登場し、織田さんと木村さんが「シッティングバレーボール」の指導を受けた。

スパイクを受けた吉田さんは「弾がすごい重くてすごいびっくりしました」と語り、織田さんは「ボール見えてないもん今の….。」とスパイクの速度にびっくりした様子でした。

また今回の「東京2020大会協賛くじ」は一等が1億5千万ということで会場には本物の1億5千万が登場。
織田さんは「どれだけ働かなきゃいけないのかということを目の当たりにしました。」と現実的な感想を語り、木村さんはなぜかお金の匂いを嗅ぎ「無意識で…(笑)あやかりたいと思って…!」と語りました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る