『記憶を失いたい』宇垣美里が明かす意外な願望

村上龍原作の映画「ピアッシング」の公開直前イベントが公開が行われ、宇垣美里さん、前田裕二さんが登壇した。

この映画「ピアッシング」は「殺人衝動」に駆られた男性と「自殺願望」の女性の出会いが生んだサスペンス。

イベントではサスペンスにちなみ、「○○衝動 ○○願望」と書かれたボードトークを展開。

宇垣さんは旅に出たい衝動、記憶を消したい願望。前田さんは夜中に一人でバスケしたい衝動、女子トーク願望を掲げた。

宇垣さんは「全部捨てて、イチからまたやり直したい、みたいな」リセットをしたい願望を掲げ、「今は責任もある身なのでやりませんが、海辺のカフェなどで働いてみたい。記憶も消せたら…」と説明した。

【STORY】
主人公は自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られる男。
彼はその衝動を抑えるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る