山田孝之が伝説のAV監督役に挑戦!撮影秘話を明かす「全裸監督」

Netflixオリジナル作品祭が開かれNetflixオリジナルシリーズの「全裸監督」に出演した山田孝之さん、満島真之介さん、玉山鉄二さん、森田望智さんと監督の武正晴が登壇しトークセッションが行われた。

作品は1980年。会社は倒産、妻には浮気されて失意のどん底にいた村西とおるは、黎明期だったアダルトビデオに勝機を見出し、仲間とともに業界に殴り込む。
クセは強いが不思議な魅力のある独特なスタイルと、前例のない大胆不敵なアイデアで旋風を巻き起こした村西とおると、彼と強い絆で結ばれた仲間たち。
そして、商売敵や警察の妨害によって窮地に立たされた村西の前に現れる、運命の女性。
これまで様々な役を演じてきた実力派俳優・山田孝之が、強く、たくましく、奔放に昭和の最後を駆け抜けた《放送禁止のパイオニア》村西とおるという強烈なキャラクターに挑んだ。

山田さんは「撮影があと数日で終わるって時、本当に終わりたくないって思ったのは20年ぐらいやっていますけど初めてです。」と撮影チームやその空間の居心地の良さを明かした。

また、アダルトビデオに奔放した村西とおるさんを題材にした作品が世界190カ国以上で放映されることについて山田さんは「これが日本だ!って感じですけどね。さっきも台湾のメディアに『This is japan』」と言ってしまいました。」作品に自信があることを明かした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る