成田凌の色気に迫る 【映画「さよならくちびる」】

13日、T・ジョイPRINCE品川にて、映画『さよならくちびる』の大ヒット舞台挨拶が行われ、俳優の成田凌さん、塩田明彦監督、劇中衣装を手がけた伊賀大介氏が登場した。

『さよならくちびる』は小松菜奈・門脇麦をダブル主演に迎え、映画界最旬キャストで贈る青春音楽映画。
小松菜奈演じるレオ、門脇麦演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ“ハルレオ”。劇中、2人が披露する主題歌のプロデュースを秦基博が、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんが担当し、映画と音楽の奇跡のタッグが実現した映画となっている。

イベントでは、成田山を筆頭に撮影時のエピソードを展開。
成田さんは監督から「色気のある俳優」と賞賛され、照れながらも喜んでいた。
また、会場に来ていたファンからの質問コーナーでは、劇中の役の衣装についての質問があがり、「リアルさを追求した」という伊賀氏のこだわり抜いたチョイスに成田さんも賛同していた。

タイトル:『さよならくちびる』
配給:ギャガ
コピーライト:(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る