池田エライザがセクシーな赤ドレスで登場!映画「貞子」

映画「貞子」の完成披露試写会が行われ、主演をつとめる池田エライザさん、塚本高史さん、清水尋也さん、姫嶋ひめかさん、佐藤仁美さん、中島秀夫監督が登場した。

見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた中田秀夫監督による映画「リング」(98)。
ビデオテープを介して呪いが拡散されて区という衝撃的な設定は日本中を震撼させ、長い黒髪に白いワンピースを纏い、井戸やテレビから這い出る”貞子”の姿は「日本で最も有名な呪霊」として全世代に知れ渡る存在となった。

それから20年、時代の変化と共に、恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画を牽引してきた「リング」シリーズ。
若手実力派女優として躍進著しい池田エライザさんをヒロインに迎え中田秀夫監督率いる伝説のオリジナルチームの手で新たに映画化された。

イベントでは、池田さんは「幼少期にリングの洗礼を受けて、地方のホテルに行った時はテレビに布をかけるくらいブラウン管が怖かった。」とホラー苦手なエピソードを明かしつつも、台本を読み映画の世界の人間模様に惹かれ受けることに至ったという経緯を明かした。
5月24日より全国ロードショー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る