山田孝之の5年間を追ったドキュメンタリー映画「NoPain, No Gain」

映画「NoPain, No Gain」の先行上映舞台挨拶が開かれ、山田孝之さん、牧有太監督が登壇。
牧有太監督はカメラを回しながら登場した。

この映画は山田孝之さんの5年間を追ったドキュメンタリー映画となっていて、俳優としての顔だけでなくプライベートや音楽活動など、山田孝之さんのありのままが収められている。

ファンからはこれからの5年もみたいという声が上がる中、山田さんは「映画が上映されていている中で、この人(牧監督)がなぜカメラをまわしているかって話ですよ」と語ると会場からは歓喜の拍手に包まれた。
続けて牧監督は「僕は言っているんですよ。死ぬまで撮ると。どっちが先に死ぬかですね。」と笑いを誘った。

TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY 劇場版「No Pain,No Gain」は4月27日から全国ロードショー。
©︎2019・SDP/NPNG

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る