<特別な日にオススメ!>旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンの宿泊者体験ムービーが公開されました。

このホテルは東急不動産が長野県北佐久郡軽井沢町にある「旧軽井沢ホテル」をリブランディングし、ヒルトン日本初のコレクションブランドとなる「KYUKARUIZAWA KIKYO,Curio Collection by Hilton」として2018年にオープンしました。

今回、このホテルに実際に宿泊したのは都内に住む鈴木夫妻と2人の息子。東京駅から北陸新幹線に乗り、1時間ほどで軽井沢駅に着いた鈴木家を待っていたのはメルセデスベンツの送迎車です。

ホテルに着くと、ロビーで無料のウェルカムドリンクとお菓子のサービス。あたたかいおもてなしを受けて、リラックスしながらチェックイン。案内された客室はツインのプレミアムルームです。オレンジの色が印象的なモダンな部屋で、のんびりと滞在できそう。エレガントなバスルームにはデザイナーバスアメニティも完備されています。妻も思わずアメニティをチェック。息子2人も広々とした部屋と大きなベッドがお気に入りの様子です。

ホテルの中庭を散歩すると緑の絨毯のような美しい苔、シックなチャペルが目に留まります。妻が日頃の疲れを癒すために向かったのはNADESHICO SPA。長野の自然が無農薬で育んだ希少な原料を職人秘蔵の製法で手作りしたマッサージオイルを使用します。プロフェッショナルな手技で心身ともにリフレッシュできたようです。

夕食は1階にあるフレンチ「SONORITÉ」へ。信州の素材の良さを活かした料理を堪能できます。個室には防音設備もあり、子供がちょっと声を出しても、パパとママは安心して食事を楽しめます。前菜に出てきたクリエイティブな春巻きやフォアグラのコンフィ、メインの仔牛のロースに大満足。子供用に出てきたオマール海老の海老フライに夫婦も思わず驚きました。

実は鈴木家にとって、この旅行は特別なものでした。実は8年前のちょうどこの月に、鈴木夫妻は都内で結婚式を挙げていたのです。ホテルスタッフの特別な計らいで鈴木家はホテルのチャペルへ。サプライズで夫から妻へ日頃の感謝を告げる一輪のバラが手渡されました。一家にとって心に刻まれる、思い出のホテルとなりました。

朝食もこのホテルの特徴です。軽井沢のパン屋から取り寄せた作りたてのパンや、その場で搾ったオレンジジュースを味わえます。また、トリュフソースをかけ卵料理に舌鼓。駅へはまた、送迎車で送ってくれて鈴木家にとって特別な宿泊となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る