映画『ハロウィン』の冒頭映像が公開

映画『ハロウィン』の冒頭映像が公開。
解禁された映像では、いまや風化され都市伝説となりつつある、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺人事件とその犯人、ブギーマンことマイケル・マイヤーズを調査するジャーナリストのデイナとアーロンが事件以降40年間精神病棟に収監されているというマイケルのもとを訪問する。
前作でマイケルの担当医を務めていたルーミス医師の後を継いで、彼の研究を続けるサルテイン医師の案内のもと、ついにマイケルに面会を果たした2人。
病衣に身を包み、手足に枷をつけられた素顔のマイケルは40年の時の経過を感じさせる年老いた姿に。
それでもなお、巨大な体躯から漂わせる危険な存在感は決して衰えない…。

マイケルに40年前の事件のことを問いかけ始める2人だが、40年間一言も話すことがなかったという彼は、微動だにすることなく訪問者に背中を向けたまま無言を貫く。
しびれを切らしたアーロンはカバンからあの事件の日、マイケルが着用したマスクを取り出し、彼に向けて突き出し「感じるかい?」と語り掛けると、わずかな反応が。
それに呼応するように周囲の精神病患者たちが騒ぎ始め緊張感は最高潮に。

そしてアーロンがマイケルの背中に向けて「何か言え!」と言い放つと、ジョン・カーペンター作曲の一度聴いたら耳から離れないあの不気味なテーマ曲とともに前作と同じタイトルロゴが登場。
『ハロウィン』シリーズファンはもちろん、映画ファン必見の緊迫感あふれる見事なオープニングシークエンスとなっている。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る