15歳のオタク少年が連続殺人犯を探す!『サマー・オブ・84』

『ターボキッド』で高い評価を得たカナダの映像制作ユニット“RKSS”最新作。2018年のサンダンス映画祭でお披露目されるや否や観客と評論家を熱狂させた、1980年代ホラーのスタイルと精神を今に甦らせた思春期映画『サマー・オブ・84』の予告が公開。
『E.T.』『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』…etc。1980年代のアメリカは十代の若者たちを主人公にしたジュブナイル映画の黄金期であり、スラッシャー映画と呼ばれるホラー&スリラーが量産された時代でもあった。
この作品は、そんな80年代へのオマージュを捧げたジュブナイル&スラッシャー映画。
郊外に暮らす思春期真っ只中の15歳のオタク少年が、ひょんなことから隣に住む警察官が実は連続殺人犯なのではと疑いを抱き、メガネ・デブ・不良の親友3人とともに極秘捜査を開始する。
主人公デイビーは隣に住む警察官のマッキーが怪しいと、親友のイーツ、ウッディ、ファラディと極秘捜査に乗り出すも、周囲には呆れられ相手にされない。
それでも諦めず徐々に事件の真相へと迫っていくが、ついに犯
人の魔の手はデイビー達に襲い掛かる!真犯人の正体は?デイビー達は生き残ることができるのか?

映画『サマー・オブ・84』は8月3日ロードショー!
2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る