ベッキー演じる麻雀クラブのママ・八代ゆきの本編映像が解禁! 『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国公開の東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』。
不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を 超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化します。
主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つ と公言している斎藤工。
斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。
1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲 “を熱演いたします。
そして、メガホンを執るのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)など“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップラ ンナーであり、『孤狼の血』で賞レースを総ナメにした白石和彌。
原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの⻘春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。
しかし、今作ではこの原作を原案とし、 そのスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。
原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、最もエキサイティングで危険な作品がついに誕生しました。
1984年に公開された和田誠監督の『麻雀放浪記』で加賀まりこが魅せた、あの奇跡のワンシーンを、今作でベッキーが凌駕しました。
1945年・戦後の東京。
ベッキー演じる麻雀クラブのママ・八代ゆきが、斎藤工演じる坊や哲に流暢な手捌きで麻雀を教え込む緊迫のシーンが解禁になりました!。
坊や哲が通う麻雀クラブ「オックス・クラブ」のママで、最強の女流雀士である八代ゆき。
人生も麻雀も勝ち負けも、全てを知った八代ゆきは、和田誠版『麻雀放浪 記』で加賀まりこが演じ、多くの人を魅了してきた人気の高い役どころです。
そして今作でその役に挑むのは、ベッキー。
麻雀をしたこともなく、興味すらもっておらず本 作で初めて牌に触れたというベッキーは、ベッドのそばに麻雀卓を設置して朝も夜も常に牌に触れる状況を作るなど、寝る間も惜しんで約1ヶ月半にわたって麻雀の稽古を重ね、妖艶なママの役を見事に自分のものにしました。
器用で美しく牌を扱う手先は観る者を一気に映画の世界の中に惹きこむでしょう。
そして今回解禁になった特別映像では麻雀の積み込みのイカサマの一つである「元積み」という技を披露しています。
白石和彌監督の希望で全てワンカットで撮りきり、息を呑みこんでしまうほどの空気感を創り出しています。
猛特訓の結果、同じくイカサマの一つである「燕返し」も習得し、圧巻の牌捌きで魅せるベッキー入魂のイカサマシーンは、最大の見せ場となっています。
さらにその後、「イカサマは勝つための技。技を使ってでも、勝たなきゃいけない時が人にはある」という印象的な台詞で、麻雀とは何か、人生とは何か、坊や哲に教えこむ瞬間も必見ですこのママの教えを受け、坊や哲は何を感じ、強敵たちにどう立ち向かっていくのか。
こうしてジャンルを超えて混然一体となった予想を裏切るシチュエーションとキャストたちのスーパーセッション、さらに一貫して社会に溶け合えないアウトサイダーを描き続けている白石和彌監督が、後にも先にもない最高のエンターテイメントとして結実。
熱き男が躍するギャンブル・スペクタクルに、注目です。

©︎2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
4月5日(金)全国ロードショー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る