佐藤健、小松菜奈ら主要キャストが衝撃の演出について語る!映画「サムライマラソン」

バーナード・ローズ監督が手掛けた時代劇「サムライマラソン」の完成披露イベントが行われ、佐藤健、小松菜奈、森山未來ら主要キャストが登場しました。
この映画は日本初のマラソンといわれる安政遠足を題材に幕府と安中藩の攻防を描く物語。
今回の撮影について佐藤さんは「まさか、こんなことになるとは…」と語った。
その理由はローズ監督のテストなしという演出法で、台本に書いてあるセリフを言っても言わなくてもいいと言うもの。
佐藤さんは「台本は気にするな。セリフも言いたくなかったら、言わなくてもいいと。だから僕はしゃべらず、動きで見せられるようにした」と説明。
また、「森山さんは自身でセリフを考えて言っていた。脚本・森山未來のようなものです」と明かした。
そのほか、主要キャストが今回の演出について戸惑ったり苦労したエピソードをそれぞれ語りました。

映画「サムライマラソン」は2月22日に公開。
(C)“SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る