GReeeeNの名曲「愛唄」が映画化!【主演:横浜流星】

2017年、驚異の大ヒットを記録した『キセキ -あの日のソビト-』のキャスト・スタッフが再び集結し、 名曲「愛唄」を映画化した『愛唄 -約束のナクヒト-』の予告映像が公開された。

GReeeeNが初の脚本でこの作品に込めたのは、名曲「愛唄」への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、まっすぐなメッセージ。恋する勇気を持てないまま大人になった⻘年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめ、ヒロインの清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出します。
実話エピソードから着想を得たオリジナル脚本で、⻘く澄みきった新たな物語が誕生した。

今回公開される本編映像は、横浜流星演じる主人公のトオルが、元バンドマンで旧友の龍也(飯島寛騎)と一緒に、凪(清原果耶)が投げかけた公式を解明しようとするシーンとなっている。

【STORY】「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。
【タイトルのナクヒトとは】 泣く人。涙するほど全力な人のこと。GReeeeNによる造語。
平凡な毎日、他人を夢中になるほど好きになったこともなく、ただ過ぎていく日々の中、大人になってしまったトオル。
そんなある日、自分の人生 のタイムリミットを突然告げられる。失意の中、元バンドマンの旧友・龍也との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって彼は、生きる勇気をもらい、恋というものに生涯をかけて全力で駆けてみたくなった―。
トオルを変えた詩。そしてその先にようやくめぐり逢えた運命の少女・凪。しかし、 詩を綴ることをやめたその少女には誰も知らないある秘密があった…。 終わらない命など存在しない中で、今を夢中で生きるとは。刹那に輝くその運命が、名曲誕生の奇跡を起こす。 その唄は、僕らの運命から溢れ出たーー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る