映画『私はワタシ〜over the rainbow〜』初日直前大ヒット祈願決起集会

2018年12月22日から映画『私はワタシ〜over the rainbow〜』の1週間限定ロードショーがポレポレ東中野で始まります。公開に先立ち、初日直前大ヒット祈願決起集会が12月20日に新宿二丁目・aktaで開催されました。

<映画『私はワタシ〜over the rainbow〜』について>
あまりにも誠実で、あまりにも切実な50人の声をつむいだ唯一無二のドキュメンタリー。
あなたはご存知ないかもしれませんが、私の血にはあのエイズを引き起こす HIV が混ざっておりますの…。ドラァグクイーン「ベアリーヌ・ド・ピンク」として、ゲイ雑誌『Badi』『G-men』を創刊した編集者として、HIV 情報を発信してきたレジェンド・長谷川博史。誰もが魂を揺さぶられる圧巻のパフォーマンスを軸に、「私を生きたい」マイノリティたちのリアルな声をつむいだ珠玉のドキュメンタリー。

出演者は同性のパートナーと共に人生を歩むカップルから、トランスジェンダー、ドラァグクイーン、はるな愛などの著名人まで50人に及ぶ。LGBT 史、人権、制度の谷間、愛すること、マイノリティとしての苦悩・葛藤…、彼らがカメラの前で語った赤裸々な思いとは?「私」と「ワタシ」をへだてるものは、いったい何なのか!

◆キャスト:
長谷川博史(HIV 陽性者ネットワーク・ジャンプラス理事)、増原裕子(LGBT アクティビスト)、ピーター(池畑慎之介)(タレント、俳優)、はるな愛(タレント)、レスリー・キー(フォトグラファー)、杉山文野(渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員)、松中権(グッド・エイジング・エールズ代表)ほか 50 人

◆作品概要:
タイトル:私はワタシ〜Over the Rainbow〜(英題:I am what I am. – Over the Rainbow –)
監督:増田玄樹 プロデューサー・インタビュー:東ちづる LGBT 監修:長谷川博史 テロップ制作:五十嵐彩香、英訳:Matt
Douglas 音楽:増田玄樹 エンディングテーマ「life is beautiful.」作詞・作曲:増田玄樹 挿入歌「over the rainbow.」作詞・作曲:増田玄樹 制作:一般社団法人 Get in touch 2017|日本|約 90 分|日本語・英語字幕付き

◆上映について:
12 月 22 日(土)〜28 日(金)1週間限定ロードショー! (上映 各日18:50〜)
会場:ポレポレ東中野 https://www.mmjp.or.jp/pole2/
東京都中野区東中野 4-4-1 ポレポレ坐ビル地下(JR 総武線、地下鉄大江戸線 東中野駅より徒歩 1 分)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る