母と娘の不条理ホラーの最高傑作【映画「アンダー・ザ・シャドウ」】

世界的に著名な映画祭を中心に驚異の 40 冠超!映画批評サイト ロッテン・トマト 2016 年度ホラー映画ランキング 1 位となった映画『アンダー・ザ・シャドウ』の予告映像が解禁された。

サンダンス映画祭騒然!アカデミー賞ほか世界中の映画祭を席捲した「ババドック~暗闇の魔物~」「リング」などと並び称される母と娘の不条理ホラーの最高傑作。戦時中のイラク。爆撃は日常となり、防空壕に逃げ込む日々。そんな過酷な状況の中、不発弾と共にやってきた「それ」に脅かされる母娘。
しかし、学生時代、左派運動に傾倒していた母には、 逃げる場所もない…。様子がおかしくなる一方の娘を案じた母が起こした行動とは?

監督・脚本のババク・アンヴァリは、 サンダンス映画祭にて日本のNHK を受賞。公開待機作として、メジャースタジオ×ダコタ・ジョンソン、ザジー・ビーツ主演 作などがあり、ハリウッドが最も注目している監督となっている。
『アンダー・ザ・シャドウ』は 2019 年 1 月 11 日より東京・ ヒューマントラストシネマ渋谷、同月下旬より大阪のシネ・リーブル梅田にて開催される特集上映「未体験ゾーンの映画た ち 2019」で上映される。

【STORY】
1988 年、イラン・イラク戦争さなかの首都、テヘラン。若き母親シデーは、5 歳の娘と、最前線に招集された医師の 夫の帰還を待っている。
ある日、彼女らが住むアパートにミサイルが落下。爆発はしなかったものの、隣人が引き 取った孤児メフディは、ミサイルが邪悪な神「ジン」を連れてきたと告げるのだった。娘のドルサも、ジンの存在を主張し、様子もおかしくなっていく…。
アパートでは、戦争の激化と、立て続けに起こる異変に怯えた隣人たちが 次々と疎開。
そして、遂に母娘 2 人だけになったアパートを「何か」が襲う…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る