西野亮廣氏も登場「クリエイターの新たな時代の働き方」

プロフェッショナル人財の育成を通じて、クリエイターに新たな働き方を提案する株式会社クリエイターズマッチは、JTが昨年より展開する「JT Rethink PROJECT」協賛のもと、今年 8 月より、全国のパートナークリエイターと協力して、 視点を変えて考え(Rethink) – 考えを形にし(Creative)- 伝えることができる人財(Rethink Creator)を生み出していく 新プロジェクト「Rethink Creator PROJECT」を実施している。

そして、クリエイターズマッチは 2018 年 12 月 11 日(火) 「ラフォーレミュージアム原宿」にて、「Rethink Creator Project」のコンテスト受賞者を発表する「Rethink Creator AWARD」を、一年間活躍したクリエイターたちを表彰するために同社が毎年主催している「CREATORS MATCH AWARD」の一環として、開催した。

クリエイターズマッチは、「Rethink Creator Project」のコンテスト受賞者を発表する「Rethink Creator AWARD」を、毎年主催している「CREATORS MATCH AWARD」の一環として、2018 年 12 月 11 日(火)「ラフォーレミュージアム原宿」にて同時開催。
当日は、「Rethink Creator AWARD」の特別審査員として作品の審査に参加した西野亮廣氏、柳澤 大輔氏、鯨本あつこ氏、平田麻莉氏ら 4 名をゲストに招き、応募作品総数約 400 点の中から、「Rethink Creator 賞」のグ ランプリ、優秀賞、各審査員賞、入賞、さらに「JT Rethink 賞」ポスター部門とキャッチコピー部門のグランプリ、優秀賞、 入賞の計 45 点を表彰した。

また、表彰後には特別審査員の4名に、クリエイターズマッチの呉代表取締役を加えた5名が登壇し、「Rethink Creator AWARD」の受賞作品を振り返る総評を実施。はじめに、JT Rethink 賞キャッチコピー部門のグランプリ作品から振り返 ると、作中の「モクモク」という擬音語に着目し、「モクモク」よりも良い音とは何か、というテーマで登壇者 5 名がディスカ ッションする時間も飛び出した。

続いて、「しじみ」を題材にした西野亮廣賞の総評では、会場に出席していた作者と西野氏を中心とした登壇者が直接、作品について作者と言葉を交わす場面も。そして、最後には呉代表取締役から 来年以降の「Rethink Creator PROJECT」継続が宣言される形で、作品総評は締めくくられた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る