子宮頸がん検診の大切さを伝えるショートムービーが公開!

10年前と比較し、子宮頸がんと診断される20代女性が急増しています。
国や都では、子宮頸がん検診を20歳 から2年に1回受診するよう呼びかけを行っていますが、20~29歳の女性の7割は定期的に検診を受けていな いことが分かっています。
こうした状況を受け、このたび東京都では、20歳代後半から急増している子宮頸がんの検診受診率を高めるため、20歳代の女性に向けて、子宮頸がん検診の大切さを伝えるショートムービーを平成30年11月 21 日から公開。
公開中はショートムービーを紹介する特設サイトも開設している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る