【衝撃の真実】脱走兵が偶然見つけたのはナチス将校の軍服だった。『ちいさな独裁者』

『RED/レッド』の監督が挑む最新作は、実在の人物に基づいた驚愕の物語!
1945年4月、終戦まであと1カ月に迫った敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身に纏って大尉に成りすました彼は、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺戮へと暴走し始めるが……。
この度、解禁された【予告編】では、脱走兵だったヘロルトが軍服を身に着け大尉に成りすましてから怒涛の勢いで権力を手にしていくさまがスリリングに描かれる。脱走兵から一転、大尉として権力の味を知り、その魔力を維持するために言葉巧みに人々を騙し、人心を掌握するヘロルトの恐ろしさ、そして権力にしがみ付く人間の醜さ、それに盲従する人間の弱さを手加減なしに映し出す。衝撃を受けながらも、同時に現代社会に生きる我々にも決して他人事ではないという事実に戦慄を覚えることだろう。にわかには信じがたい衝撃の実話に基づいた本作、シュヴェンケ監督は「彼らは私たちだ。私たちは彼らだ。過去は現在なのだ」と観る者に語り掛ける。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る