【メイキング】タモリがサングラス姿で吉良上野介になりきる?

.movie-wrap {
position: relative;
padding-bottom: 56.25%;
padding-top: 30px;
height: 0;
overflow: hidden;
}

.movie-wrap iframe {
position: absolute;
top: 0;
left: 0;
width: 100%;
height: 100%;
}サントリー食品インターナショナルがおくる、ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズさん扮(ふん) する宇宙人ジョーンズのTV-CM「地球調査シリーズ」最新作で、前回に引き続き、タモリさん、野村萬斎さん、タカアンドトシさんが登場する「ボス THE CANCOFFEE」 「忠臣蔵」篇が公開された。

とある惑星からやってきた宇宙人ジョーンズが、大物ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズそっくりの地球人になりすまし、さまざまな職業を転々としながら、未知なる惑星・地球を調査する「宇宙 人ジョーンズの地球調査シリーズ」。

最新作では江戸時代、47人の赤穂藩の浪人が吉良邸に討ち入りし、主君の仇(あだ)討ちを遂げた“忠臣蔵”をテーマに、タモリが吉良上野介役、野村 萬斎が大石内蔵助役、そしてタカアンドトシは宇宙人ジョーンズとともに、吉良家の奉公人役として登場している。

今回の物語では、赤穂浪士たちのように歴史に名を刻むことなく、理不尽な運命に翻弄されながら、ただ自らがするべき仕事を全うした名もなき奉公人の視点から、歴史上の大事件の舞台裏を描いた。
敵味方入り乱れる白刃の下を必死でかいくぐり、命からがら逃げ延びたかと思うと、 ひと息つく間もなく、討ち入りでメチャクチャにされた屋敷の後始末に駆り出されるタカアンドトシ。
そんな苦労をともに分かち合ったジョーンズが、一緒に「ボス THE CANCOFFEE」を飲みながら、「この惑星では、ほんとに働いている人が割を食う」とねぎらうシーンを通じて、時代がどうあれ、現場で頑張る人たちを応援し続ける「ボス」のメッセージを訴求している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る