朝から浮遊ヨガして出社する、究極の朝活やってみた! SEIKO|wena

wena projectの『朝から浮遊ヨガして出社する究極の朝活やってみた。』が公開されました。
これはSEIKO|wena のウェアラブルデバイスで実現される“アーバンアウトドア”の生活スタイルの提案のため、究極の朝活として熱気球を使用して雲海で瞑想するスペシャルWEBムービーです。

wenaは世界で初めてだという、腕時計のバンド部分に機能、電池などを集約したスマートウォッチ。電子マネー機能、スマホの通知受取りなどの機能を搭載していて、約1週間の電池持ちとなっているそうです。

今回のムービーに登場するwena wristは、ソニーと、130年以上の歴史を誇るセイコーブランドとの初のコラボレーションモデルです。

今回のWEBムービーは、毎日がマンネリ化している主人公が思い立って、早朝に浮遊ヨガができる場所を目指し、インストラクターから指導を受けて、ハンモックを使った浮遊ヨガポーズに挑戦するという「究極の朝活」がテーマ。

ハンモックの上で瞑想して新しいアイデアを“開眼”したり、気持ちよさそうにポーズを決めたりする姿に、ちょっとやってみたいかも!という思いをかき立てられますね。

その最高の朝を演出するお供として、SEIKO|wena のウェアラブルデバイスが活動ログデータの管理、電子マネー機能、電話の通知などスマートに補助してくれている様子が描かれています。

主人公役として、泡パーティーなど数々の人気イベントを手掛けるアフロマンスさんが出演。初めての浮遊ヨガへの挑戦にも関わらず、体が逆さまになるスパイダーマンのポーズなどを見事に決めていました。

今回の動画のハンモックヨガの撮影は、ポーズの指導についてAntigravity® fitness yoga「Le lien(ル リアン)」のMihoさんと、場所の選定・セッティングについて「グランデックス奥多摩」の協力で、行われました。

都会の喧騒から離れた“アーバンアウトドア”スタイルな朝活体験。こんな朝活、体験してみたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る