Supershipハイブリット型DMP「Fortuna(フォーチュナ)」の提供開始!

データテクノロジーカンパニーのSupershipは、10月11日に事業戦略発表会を行い、ハイブリット型DMP「Fortuna(フォーチュナ)」の提供を始める、と発表。
今回リリースされた「Fortuna」は、Supershipの展開するマーケティング関連事業のコアとなるDMP。
Supershipが利用可能なキャリアデータ、Web行動データ、アプリ行動データ、グループ会社の運営するメディアデータ、その他リサーチ会社との連携により取得したリサーチデータなどの豊富で精度の高い3rd Partyデータをはじめ、クライアントが保有するユーザーデータや広告配信結果などの1st Partyデータ、提携各社の2nd Partyデータなどをシームレスに統合することが可能。
自社WEBサイト等の1st Party データを格納する機能と、Supershipの保有する高精度な3rd Party データおよび各種データパートナーの保有する2nd Party データを活用する機能の両面を兼ね揃えたハイブリッド型DMPとして、社内外に分散するあらゆるデータ資産を統合・管理することで、データドリブンなマーケティング基盤の構築を支援する。
また、こうして統合されたデータを分析し、生成されたオーディエンスセグメントを、LINE、Facebook、TwitterをはじめとするSNSや各種広告配信プラットフォームへ連携させることで、さまざまなニーズに応じたデータマーケティングを実現するという。
また、トークセッションでは内閣府政策統括(科学技術・イノベーション担当)石井芳明氏を招き、Supership 代表取締役社長CEOの森岡康一氏と共に、スタートアップと大企業の提携についてや、ハイブリッドスタートアップ成功についてのメリットや成功させる秘訣などが語られた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る