樹木希林さんが魅せる"茶道の先生"の姿

映画『日日是好日』の予告映像が公開されました。

この作品は 9 月 15 日に逝去された樹木希林さん(享年75)が、女優人生で初めて“茶道の先生”(武田先生役)を演じた映画です。
この作品において“影の主役”とも言えるお茶室は、様々な季節を表現しながら、約 20 年間に渡るドラマの時を刻む、この作品の最も重要な舞台です。
その空間は、お茶室の主人である武田先生を演じた樹木希林さんによる“女優の域を超えたこだわり”と、“作品に対する深い愛情”によって命を吹き込まれました。

テレビCM(15秒)では、樹木が演じる茶道教室の武田先生が、「いらっしゃい」と笑顔で迎える。
お茶と出会った女性 が体験する本当の自由と生きる喜びを描く本作。「ただおいしいお茶を飲みにくればいいじゃないの」と微笑む武田先生は、 大きな包容力で⻘春真っ只中の主人公・典⼦(⿊木華)と典⼦のいとこ・美智⼦(多部未華⼦)を導いていくかのよう。
もう一つのテレビ CM(30秒)では、さらに、武田先生が「頭で考えないで、自分の手を信じなさい」とお茶の所作について助言する場面も。そして、「こうして毎年、同じことができることが幸せなんだって」としみじみと語りかけています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る